日記に書けばすべていい思い出(合宿レポート)

こんばんは!分大演劇部のHPの部員紹介にすら載ってない部員、あおです!
泣いてない!泣いてなんかないんだからはじめまして!名前だけでも覚えてね!

厳正なるあみだくじの結果、最初に合宿レポートを書けることになりました。
初投稿・初合宿・最初!ということでお初づくしですね。やった!

さて、さる九月二十八日、演劇部は合宿に行ってまいりました。
おりしも台風が日本列島に接近しており、その影響か交通機関が麻痺し急遽参加が出来なくなってしまった先輩がいらっしゃいました。お話してみたいと思っていたので大変残念でした。
部員が集合したところで軽く今後の行動予定が説明され、自動車四台に部員がそれぞれ分乗し、出発です。
四台の自動車にはそれぞれ、<連絡役>として携帯を持った部員が助手席に座ることになりました。

連絡役は、目的地に到着するまでの順路の確認であるとか、そういったものを携帯電話が使用できない運転中のドライバーに伝え(ぶんだい演劇部は交通ルールを厳守します)、四台で情報を共有する、という目的で設置されたようです。
なんて真面目で正しい、学生のあるべき姿なんでしょう!素晴らしい!と思ったそばから出発した途端互いの運転の小さなあらを姑のように執念ぶかく探しあい姑のようにねちこく電話しあう連絡役とドライバー!嘘だろ!ノスタルジア!
車中にそれぞれの趣味の音楽が流れる中、ドライバーさんの「電話して!」の声がかかるたびに楽しい気分になったものです。

途中大型スーパーに立ち寄り食料の買い出し。鶏肉を見ている先輩の目が鋭いなか、みなさんそんなに卵と食パンと緑茶を買ってどうするの、お米もたくさんあるんでしょと思いましたが、それは杞憂であったと合宿中にわかりました。自炊って大変なんだね。
たこ焼きとネギたこ焼き、ソフトクリームをみんなが貪り食い、スクラッチが200円しか当たらなかったところで再び出発です。

宇目町といえばトトロさんだろうという県外の方にはよくわからない理論でととろバス停に行き、ネコバスさんと写真を撮ったところで問題が発生しました。
そうです。宿泊所のチェックインまでまだ二時間ちかくあったのです。
急遽ある部員の実家を見に行くという名所もうでが予定に加えられました。正直言ってどこだかわかりませんでした。
しかし、ものすごく郷愁を誘う町並みでありました。日本人の心の根底にはあのような町並みが原風景として流れているのでしょうか。その後宮崎県との県境を見に行き、宮崎出身の部員が実家に思いを馳せたところで予定の時間となりました。
二泊三日、期待と宴会芸への一抹の不安を抱えながら、
いよいよ2011年度、ぶんだい演劇部の夏合宿がはじまりました。

連絡役とドライバーのみなさんのご協力により、全員が怪我どころかひとりの嘔吐者すら出さず、およそ数十キロにわたる道のりを安全に走行し到着することができました。ありがとうございました。ここにお礼を申し上げます。

なんだか文字数が足りなさそうな予感がするのでここで失礼したいと思います。
次の更新担当の方、楽しい合宿本編のお話期待しております。

以上、余計なことばかり書いてしまって話が本筋に入らず、小中高と学級日誌を書くのが苦手だったほう、あおでした!大事なことだから名前は二回書いたよ!See you!

追伸:【次回予告】焼肉に野菜なんかいらない【嘘です】

1

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

Twitter

archives

recent comment

Home

本家「大分大学文化会演劇部
バナー
リンク貼られた方は是非お知らせ下さい。

categories

links

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

なかのひと